メニュー

URL送信

米ぬかでアトピー、アレルギー性皮膚炎を改善

米ぬかは美肌だけでなく、アトピーやアレルギー性皮膚炎の改善にも役立ちます。その秘密は米ぬかに含まれている「ビオチン」と「アラビノキシラン」です。

ビオチンはビタミンHとも呼ばれるビタミンの一種。アレルギー物質を食べたり吸い込んだりした時に細胞から放出される物質「ヒスタミン」を減らすので、アトピーやアレルギーの症状を緩和できます。

花粉やダニなどのアレルゲンが体内に侵入すると、細胞の中に存在する「ヒスチジン」というアミノ酸から 「ヒスタミン」という物質が生成されて、体内に放出されます。

ヒスタミンが放出さると皮膚のかゆみや炎症、湿疹などのアレルギー反応(アトピー性皮膚炎の症状)が現れます。

ビオチンはアレルギー反応の元凶であるヒスチジンを体の外へ排出する性質があります。すなわち ヒスタミンが放出される回数を減らす=アレルギー反応が出る回数を減らせます。

また「アラビノキシラン」も強い味方です。アラビノキシランは食物繊維の一種で、免疫力を高める働きがあります。そのため皮膚の免疫力を強くして、皮膚炎などを起こりにくくします。

栄養素的には良いことづくめの米ぬか。でも米アレルギーの人は要注意。アレルギーほど強い反応が出なくても、体質的に合わないこともあるので、悪化したと感じたらすぐ使用を中止しましょう。

しっとり。乾燥肌をいたわる無添加米ぬか化粧品 - 口コミを読む
透明感。米発酵エキスで年齢肌のくすみを一掃 - 口コミを読む

スポンサーリンク