メニュー

URL送信

米ぬかの食器洗いで手荒れ予防

化粧品にも使われるほど肌に優しい米ぬか。脂肪分を含むため、油汚れもしっかり落とすことができます。石鹸のない時代は、台所の洗剤代わりに利用されていたことも。

台所用洗剤による手荒れに悩む方は、米ぬかを利用して食器洗いに挑戦してみてください。スポンジで洗う手軽な方法と、昔ながらのぬか袋で洗う方法を紹介します。

米ぬかを直接ふりかけてこする

使った直後の食器や鍋を洗う方法です。米ぬかを食器の汚れに直接ふりかけ、スポンジのたわし部分でこすります。水分を含ませながらこすると、米ぬかの油分と汚れがなじみます。

量の目安は、1人分の食器で大さじ1杯前後から試しましょう。一度に大量に流すと排水口が詰まるのでご注意を。目の細かい排水口用水切りネットをかけると安心です。

ひどい油汚れは浸け置き洗いが効果的。洗い桶にお湯と米ぬかを入れ、その中に食器を入れて放置します。汚れが浮いたらスポンジでこすり、水ですすぎましょう。

ぬか袋を作って洗う

ぬか袋を作るのは少々手間だけど、排水口が詰まる心配がありません。家にあるハンカチと輪ゴムで作った即席ぬか袋をスポンジ代わりにします。

材料は使い古しのハンカチ、靴下などの古布、またはさらし木綿や手ぬぐいの端切れ、そして輪ゴムです。米ぬかをハンカチ程度の大きさの布で包み、四隅を束ねたら輪ゴムで縛ります。

即席ぬか袋に水を含ませ、白い汁が染み出たら食器をこすります。洗い終わったら米ぬかを取り出して捨てましょう。湿ったまま放置すると臭うので、毎回交換してくださいね。古布で作ったぬか袋なら、使い捨てできます。

とぎ汁に食器をつけてこする

お米のとぎ汁にも、米ぬかの脂肪分が流出しています。ぬか袋より洗浄力が弱いものの、軽い汚れなら充分落とせます。

食器洗いに使えるのは、白くにごったとぎ汁です。とぎ汁を洗い桶にため、その中に汚れた食器を浸けます。時間が経ったらスポンジで軽くこすります。

排水口ネットやぬか袋の用意や浸け置き…ちょっと面倒ですね。でも米ぬかの保湿成分は皮膚に優しいです。時間に余裕がある時に試してみてくださいね。

洗剤の刺激から手を守るワセリンの使い方
しっとり。乾燥肌をいたわる無添加米ぬか化粧品 - 口コミを読む
透明感。米発酵エキスで年齢肌のくすみを一掃 - 口コミを読む