メニュー

URL送信

米ぬか洗顔

米ぬかを使った洗顔方法は2種類あります。米ぬかを直接顔につける方法と、ぬか袋を使う方法。自分の皮膚と相談しながら続けやすい方法を選びましょう。

米ぬかをそのまま使って洗顔する

スプーン1杯〜2杯の米ぬかを手に取ったら、水かぬるま湯を適量加えて、指先でよく混ぜます。水分を含んだ米ぬかをそっと顔に伸ばして、やさしくマッサージします。

とても簡単な方法ですが、私は痛くて断念してしまいました…。米ぬかがスクラブ剤のように肌の上を転がるので、毎日は避けた方が良いと思います。

ぬか袋を使う

米ぬかを直接皮膚に当てない方法です。

最初にぬか袋を用意します。昔ながらのぬか袋は、さらし木綿の布を袋状に縫って作ります。袋の中に大さじで3〜4杯くらいの米ぬかを入れて、ひもなどで口をしばって完成です。

さらし木綿の布がないなら、ハンカチを使うのが簡単です。米ぬかをハンカチの真ん中に置き、中身がこぼれないように四隅を結びます。

洗顔方法は、最初にぬか袋にお湯を含ませます。中から白い液がしみでるようにしてから、顔に優しく押し当てます。皮脂の多い額、小鼻周辺、あごはぬか袋をそっとすべらせるとツルツルになります。

しっとり。乾燥肌をいたわる無添加米ぬか化粧品 - 口コミを読む
透明感。米発酵エキスで年齢肌のくすみを一掃 - 口コミを読む

スポンサーリンク